Anego 06 SweetLife

Story 6 甘の生活

Keywords:

Anego , アネゴ, 大姐头 , 大姐頭

Anego 06 2005.05.23 放送

這集讓人又愛又狠哦。題目是SweetLife,可是,一點都Sweet不起來,笑

劇情中有讓人覺得超出現實的部分。有誰會爲了別人家的小孩子不見,而放棄重要的升職面試呢。面試並不需要多長時間的,晚10分鐘再去也不會怎樣啊。Anego居然就這樣做了,真是不可思議哦。……

話雖這樣說,找一個理由來解釋這種類似病態的做法還是可能的。很久之前看白綫流的時候,就對園子放棄高考而去送一個產婦去醫院的時候感覺超不解的。後來經歷一些事情后,才慢慢發現,雖然這種過於戲劇化的發展的確是被渲染出來的效果,不過在面對選擇的時候,許多人的確會放棄條件好的選項,去選看似完全不利的選項。

他們當時的作法,不是因爲“腦子不好使”,而是,大概那個時候產生了畏懼感吧。因爲突然之間,害怕自己對未來沒有信心,害怕自己選擇之後做的不夠好,害怕自己的選擇超出自己能力範圍之外,害怕自己是不是真的考慮好要朝這個方向繼續,所以,才會放棄好的未來,而做出讓人覺得不可思議的另一個差的選擇。這其實是一個逃避的方式。

拿Anego來説,Anego其實是對自己轉職之後的生活產生了畏懼感,她“利用”了幫繪裏子這件事情,選擇了逃避轉職之路。
拿園子來説,她“利用”了幫助別人去醫院,逃避了不確定高考會帶來的未來。

這樣做真的很傻呢。不過一面責備笨蛋Anego的同時,我相信一定不少人面對屏幕上的Angeo,依稀看到了自己曾經作過類似的事情吧。

説到這集的標題上來。Anego的仕途看似遇到了嚴重打擊,不過Life方面真的好像變得Sweet起來。連酒館的老闆都稱讚Anego突然變得受到歡迎起來。因爲第一次,Anego身邊不再是同性的晚輩們,而是兩位大帥哥,笑。黑澤耍小孩子脾氣,炫耀自己住在Angeo家的事情,Angeo尷尬得只好猛踩黑澤的腳背。Cute,cute,超Cute的。

看到黑澤的體型,突然想起昨天喝酒的時候和Opal說到身材,原來還有有人和我一樣覺得片片狀男生比較可愛啊。不過黑澤的鞠躬,完全暴露了他J家的身份,真是好標準的J家鞠躬哦……現在的F雖然美型依舊,我卻可以清晰看出和十年前的片片狀越來越遠離了,傷心傷心,好想把他猛敲一番,給打回去哦……XD

剧情:

Story 6

奈央子がラストチャンスのお見合いに破れ、ひとり寂しくマンションに辿り着くと、沢木が待っていた。

絵里子が子供をベビーシッターに預けたままいなくなってしまったのだ。

とその時、黒沢から絵里子がいつもの立ち呑み屋で会社の仲間たちと一緒に飲んでいるいう電話が入る。

奈央子は、相当酔ってしまった様子の絵里子をその晩、家に泊めることにした。

翌朝、絵里子は沢木がまた浮気をしているのだと奈央子に悩みを打ち明ける。

女の幸せを全て手に入れたはずの絵里子も決して幸せではない。白馬の王子を待っていてもどこにもいないのかもしれない。自分が白馬に跨って前へ進むしかないのか?

奈央子のお見合い話が壊れた話は、経営戦略部にも衝撃のニュースとして伝わった。同僚たちは、奈央子にどう接していいのか分からず、ギクシャクした空気が漂う。

そんなこともあったせいか、部長の阪口は、奈央子に事務職から総合職への移行試験を受けたらどうかと勧める。

社内の通称 “性転換” と呼ばれるその試験を通過すれば、奈央子は、男性社員と肩を並べて、今より何倍もやり甲斐のある仕事をすることができる。阪口は、社内的評判も抜群の奈央子なら十分に合格する実力があるという。

一方、絵里子は娘?真琴が通う幼稚園で保護者会の会長に選出されてしまう。

そのことを沢木に相談しようとするが、昨夜のことを叱責され、相談することもできないまま、沢木の態度に絶望する絵里子。

自分には無理だと一時は断ることも考えたが、博美ら仲間たちに相談すると、奈央子には是非挑戦してほしいと背中を押される。

その夜、奈央子の部屋に、黒沢が今夜だけ泊めてほしいと訪ねてくる。奈央子は追い帰そうとするが、黒沢の押しが強く、結局一晩だけ泊めることになってしまう。

英語の辞書を片手に頭を抱えている奈央子の隣で、黒沢がスラスラと英文を訳してみせた。久々の勉強にやる気を感じ始めた奈央子は、ダメモトで頑張ってみようと、その夜から黒沢の英語力を頼りに家庭教師になってもらい、居候を条件に猛勉強を始める。

一週間後に行われた筆記試験を、奈央子は見事クリアし、奈央子は、その日の午後に行われる役員面接に臨むことになった。

「いつもの野田くんのままなら大丈夫」 と太鼓判を押す阪口。

昼休みには博美たちが奈央子の緊張をほぐすために、面接の予行演習をしてくれる。

ところが、あと20分で面接が始まるという時、絵里子から真琴がいなくなったとの電話が入る。すぐにでも駆けつけたいところを、面接があるからと一度は思い止まる奈央子だったが――

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s