Anego 07 Broken Heart

Story 7

Keywords:

Anego , アネゴ, 大姐头 , 大姐頭 , 傷心

Anego 07 2005.06.01 放送 傷心

可能是剛剛經歷相同的事件, 這集Anego對生日的態度心有戚戚. 笑.

這次的獨白是Anego起床的時候抱怨生日的問題.
回憶10年前還常常有人幫助慶祝, 到現在連別人說一聲生日快樂都沒有, 就覺得很不甘
雖說自己30多歲, 已經沒有必要過生日

生日這個東西, 對到了一定年齡階段的女性來說有時候非常微妙. 一方面不愿意自己的年齡數字赤裸裸跳出來刺激自己, 一方面又對周圍人連生日快樂都不說感到沮喪.

黑澤問自己生日的時候, 開始也是超級快樂的. 可是轉念想到這樣一來自己就比他大11歲, 臉就沉了下去.

听到晚輩長谷川記得自己的生日, 還是一臉藏不住的笑容. 本來興高采烈請了帶薪假期, 和晚輩一起去京都做三日游. 插句話, 有些人過生日的時候真的會倒霉哦, 笑. 先是自己一向幫助別人的習慣被大家否認, 因為Anego處于好意的做法, 其實對大家都造成了不好的影響. 然后是黑澤, 這個小朋友開始信心滿滿說絕對會堂堂正正告訴別人自己借住在Anego家, 可是被問到的時候, 卻不假思索地否認了. 接著就是長谷川不小心閃了腰, 去不成. 打電話給其它同事, 卻發現所有人都有自己的事情走不開. 好不容易的假期落到一個人在房間里打掃衛生, 消磨了大半天時間, 還是難以釋怀. 難道生日就這樣白白度過?

算是編劇"好心"了一把, 寂寞的Anego在家門口看到澤木先生. 這位迷人的已婚男性——澤木先生也是欠扁啊, 自己老婆不在家, 干嘛要跑出來特意為Anego過生日? 還買了貴重的禮物, 并且補上了生日蛋糕和鮮紅的玫瑰花. 這, 這, 這是注定有不倫的傾向啊.
極度沮喪和失落的Anego, 經歷了一連串打擊后, 在生日快要結束的最后几個小時內, 似乎是為了抓住自信還是其它救命稻草, 做了一件不可思議的事情……叫黑澤出來, 然后求婚!? !

我想所有人都會在這一幕前呆住吧, 黑澤的回答也是夠絕的.

"請給我時間考慮一下? "
"……多長時間"
"五年"
"……"

這句話大概到達了Anego倒霉的最頂峰吧. 五年, 其實現在自己考慮事情都會把這個數字拿出來衡量, 想象一下如果五年后自己會怎樣. 其實無論是什么情況, 想象自己的五年后都是非常的殘酷無情. 更何況已經33歲的Anego……. Anego第一次放聲大哭.

這集有几個有趣的人物

中野早希

中野小姐在加班休息的時候爆發了. 一改往日可愛的樣子, 對男同仁破口大罵. 第二天, 又突然冒出粗口.
其實對于日常偽裝自己的人來說, 只要回歸自我一次后就無法再繼續隱藏下去了.
不過她回歸自我, 也不無道理. 他們的男同仁對女同仁的態度實在讓人火大. 這點和SATC里提到的的一樣, 女性在工作場合只要表現出一次軟弱, 比如發怒或者哭泣. 除非換工作, 否則自己曾經做過的事情會一直被提起. 真是殘酷的現實呢

Anego的父親

親女莫過父啊, 父親大人第一眼就看出Anego和小弟弟不尋常的關系了. 生日那天親切的打電話過來祝賀. 不忘提醒她:如果有自己想做的事情就去做, 不過不要對那种小自己很多歲的小帥哥抱太大期待. 這個時候, 不知道有人注意到沒有, 他是一邊做瑜珈一邊打電話呢.
真是健康的好爸爸.

剧情:

Story 6

33歳の誕生日を1週間後に控えた奈央子。相変わらず、出て行く気がない様子の明彦。

そんなある日、地獄の決算日に加奈が休み、みんなの目は自然と半同棲している立花に向けられた。各々昼休みも返上して働き、ようやく仕事を終え遅い夕食をとりながら加奈が休んだ理由について話しているうち、男女の意見が対立に発展し、部内は険悪な雰囲気に。

翌日、加奈が立花の部屋を出て行ったと噂が広まる中、その加奈がケロリとした顔で出社してきた。心配する奈央子に 「男には頼れないと悟った」 と話す加奈は、痴話げんかから会社を休んだのではなく、以前から通訳を目指して勉強をしていた韓国語の試験を受けるためだったと打ち明ける。

その加奈から奈央子の面倒見の良さが男性社員たちをつけ上がらせる原因となっていると言われ、ショックを受ける奈央子。

その上、明彦が立花にどこに泊まっているのかを問い詰められ、咄嗟に 「アネゴじゃない」 と断言しているのを偶然聞いてしまい、奈央子はまたショックを受ける。

そんなダブルショックで気持ちが沈んでいるところタイミングよく、奈央子は沢木から食事に誘われる。ここぞとばかりに愚痴を聞いてもらう奈央子。すると、 「いい人の殻を壊したら」 と助言され、自分らしさをあらためて考えさせられる。

一方実家から戻った絵里子は沢木と奈央子が逢っているのではないかと勘ぐり始める。そして離婚届を残し、再び家を出てしまう。

立ち呑み屋で博美や加奈から 「同棲は女性にとってプラスにならない」 という話をさんざん聞かされた奈央子は、さすがに耳が痛い。

その上、明彦と帰宅した奈央子はたまたまマンションにやって来た父・茂太と鉢合わせしてしまい、それがきっかけで、明彦はついに部屋を出て行くことに。

その夜、奈央子は、気分転換に誕生日を挟んで3日間の有給休暇を取り、京都旅行でもしようと約束をしていた真名美からギックリ腰で旅行に行けなくなった、との連絡を受ける。

友人達に電話をしまくり、京都に一緒に行く相手を捜すが付きあってくれる相手は見つからず、結局何の予定もないまま有休初日は部屋の掃除と整理で終わってしまう。

そして、2日目の昼下がり、自宅のカレンダーに奈央子の誕生日の印を見つけた沢木が、奈央子のマンションにお祝をもって一人、訪れる。

折角だからと部屋に招いた沢木に奈央子は京都に行けなくなったことを明かす。33歳にもなって誕生日も気恥ずかしいという奈央子に、今の奈央子のほうが若いときよりも素敵だと、沢木に声をかけられ、奈央子は胸が一杯になる。

その日の夕方、父親の茂太からの電話で 「本気で欲しいものができたらなりふり構わず追いかけろ」 と言われた奈央子は、ある決心をして、黒沢を呼び出し―――――。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s