Tiger&Dragon story9

Story 8

Keywords:

虎与龙 , 虎與龍, タイガー&ドラゴン, Story 9 , 粗忽長屋

粗忽長屋 2005.06.10 放送

虎児(長瀬智也)と竜二(岡田准一)は、新宿流星会を追われた田辺ヤスオ(北村一輝)に再会する。ヤスオは、組長(笑福亭鶴瓶)の元舎弟・梶力夫(橋本じゅん)の立ち上げたウルフ商会に転がり込むが、組の金500万を使い込んで逃走していた。その上、ヤスオは力夫の妻にも手を出していた。虎児は、またこの男にかかわると、面倒くさいことに巻き込まれると竜二に忠告されるが、落語のネタになると思うと首をつっこみたくなるという。

竜二の部屋に居座ろうとするヤスオだが、ヤクザ嫌いの劉さん(河本準一)に阻止され、谷中家に押しかける。色男のヤスオに、小百合(銀粉蝶)や鶴子(猫背椿)はメロメロに。

虎児は、どん兵衛(西田敏行)に『粗忽長屋』の稽古をつけてもらうが、どうしてもサゲ(オチ)が理解できない。竜二から、ありえないのがオチだと言われるが、腑におちない様子。

虎児の話す『粗忽長屋』を聞いたヤスオは、虎児に自分を殺すフリをして、500万を山分けしようと提案。虎児は抵抗するが…。その頃、ウルフ商会の哲也(猪野学)と泰次(少路勇介)が、ヤスオの跡を追って、新宿流星会に乗り込んでいた。

感想:

2 responses to “Tiger&Dragon story9

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s