植田写真美術館特別展

HOMAGE展 記者会見が行われました。


いよいよ明日からとなったオマージュ展。
 7/15、植田正治写真美術館にて関係者による記者会見が行われました。


7月16日から始まる植田正治写真美術館の開館10周年を記念する写真展、「HOMAGE -オマージュ??植田正治に捧ぐ- 福山雅治 菊池武夫 堀内誠一」。

その前日の7月15日(金)、当日はあいにくの雨でしたが今回の写真展のタイトルにもなっている福山雅治氏、菊池武夫氏、堀内誠一氏(故人)と親交が深かった石川次郎氏、グーフィ森氏らが植田正治写真美術館に来館。植田氏の作品世界の魅力と人柄に魅了された彼らそれぞれが、植田先生に対する想いとオマージュ展を熱く語りました。

記者会見後、一瞬雨が上がった中庭に出て「HOMAGE」花文字の「O(オー)」部分にブルーサルビアを植栽。この花文字は「とっとり花回廊」さんのご好意で分けてもらった4000ポットのブルーサルビアを、HOMAGE応援団と地元ボランティアの皆様の協力により完成させたもの。この地元の頑張りを耳にしたオマージュ展関係者の方から「ボランティアの皆様にお礼がしたい」という、嬉しいお申し出を受け、三氏による植栽が実現しました。
今後、この三氏に続き、来館された皆様にも「植田先生への献花」という形で「O」字が完成するまで植栽をしてもらうことになっています。


(記者会見の模様/一部 詳細は後日お届けします!)

記者会見は、植田正治写真美術館館長とプロデューサーであるグーフィ森さんの挨拶から始まりました。

植田正治写真美術館館長
植田正治写真美術館は今年で開館10周年を迎えます。
ここ最近、全国的に伯耆町は「植田正治写真美術館がある場所」として有名になってきたような気がします。町民もこの美術館を誇りに思う人が増えてきて大変うれしく思っています。

グーフィ森 氏
福山雅治と植田先生との写真展も今回で3回目。
植田正治写真美術館の10周年を記念誌、また、植田先生の地元を盛り上げるためならと開催を決意しました。


その後、福山雅治氏、菊池武夫氏、石川次郎氏の会見となり、熱い思いを語っていただきました。

福山雅治氏
まず、雨の中こんなにたくさんの方に来ていただき感謝しています。
植田正治写真美術館は開館10年、自分がデビューして今年で15年。非常に区切りがいい年だと感じていたので、何かできないかと思っていました。
植田先生と出会って10年余り。植田先生の元で菊池さんなど多くの方と知り合えたことを一番うれしく思っています。

菊池武夫氏
田先生とは1983年、(プロデューサーで植田先生の息子さんの)充さんと通して知り合いました。はじめの撮影の時、自分は撮影に立ち会うことは出来ませんでしたが、出来上がった植田先生の作品は一過性のものが当たり前だったファッション業界で一過性ではない、物凄く新鮮なものが出来上がった。植田先生はとても素晴らしい先生でした。

石川次郎氏
植田先生は17歳の時から亡くなるまで写真を撮り続けたことも凄いが、晩年になり福山雅治と出会い、新たな世界を創ったというのは素晴らしい。
先生が撮った福山の写真は普段とは違う。福山自身も驚くような顔を撮っていた。植田先生、福山氏、菊池氏と仕事ができたことを思うと、雑誌の編集とは素晴らしいと思った。

Resource

6 responses to “植田写真美術館特別展

  1. http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050716-0001.html福山雅治、カメラの師に捧げるメロディー シンガー・ソングライター福山雅治(36)が15日、鳥取県内にある「植田正治写真美術館」の開館10周年展覧会の内覧会に出席した。福山は著名写真家の植田さんから強く影響を受け、写真家として本格的に活動し始めた。00年に他界した恩師にささげた曲のオルゴール制作が決まり、この日メロディーを紹介した。 「植田先生が星になって地球を見ていることをイメージしました」。福山はこの曲をそう説明した。植田さんは本当に星になっている。98年に鳥取の天文台で新星が発見され、昨年3月に国際天文学連合が承認。同美術館を訪問していた福山の名をつける動きがあった。しかし、福山が「植田先生の名を付けてほしい」と願い、新星は「植田正治/UEDASHOJI 17748」と命名された。 福山はテレビ朝日の公式カメラマンとして00年シドニー五輪、04年アテネ五輪に参加。個展を開くなど写真家としても活動中。その原点が植田さんだった。94年に鳥取砂丘で行ったアルバム「HELLO」のジャケット撮影で出会った。植田さんは81歳だったが、カメラを持って子供のようにはしゃぐ姿をみて「自分もそんな風に生きてみたい」と思った。悩んだ時期も「正面を見て、撮りたいものがなければ、右を見ればいい。それでもなければ左。それでもなければ上下を見ればいい」という植田さんの言葉を思い出し、前向きに取り組んできた。 今年、デビュー15周年を迎えた。「表現者として生涯の目標なんです」。福山は楽しみながら一生歌い続けることを恩師に誓っている。【松田秀彦】[2005/7/16/06:32 紙面から]

  2. http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_07/g2005071607.html福山雅治さんとデザイナー菊池武夫さんが写真展に  歌手で俳優の福山雅治さん(36)とファッションデザイナーの菊池武夫さん(66)が15日、鳥取県伯耆町の「植田正治写真美術館」を訪れ、16日から始まる特別展「HOMAGE-オマージュ・植田正治に捧ぐ」について語った。 同展は、写真家だった植田さん(故人)と福山さん、菊池さん、グラフィックデザイナーの堀内誠一さん(故人)の4人の親交を軸に、植田さんの作品115点を展示。 記者会見した福山さんは「植田さんは被写体に対して優しく、毎回新しいテーマで撮影に臨んだ」と振り返った。 問い合わせは植田正治写真美術館、電話0859(39)8000。ZAKZAK 2005/07/16

  3. 恰好看了20050821的“情热大陆”,跟拍了福山这次活动,也用到1998年植田正治为福山拍照时的影像记录,不愧为大师。其中有福山拍的照片,也很有感觉,Fu可以多po几张来看看么?

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s