愛之歌專訪菅野美穗

秋季日劇 愛之歌專訪 菅野美穗(松田洋子)

翻譯: quibeck
資料來源: 日本電視台秋季新劇愛之歌官網愛の詩

「洋子就像是一個怪脾氣的小孩。對我而言,反而在她身上體驗到人情味。」(菅野)

二十七年來不幸的生活,對於與愛無緣的人生厭惡至極。心想:「好想消失在這世上。因而投河自盡,沒想到卻得到了人生第一次的幸福體驗。與前刑警片岡優二(玉置浩二)相遇,開始了與片岡及他的三個小孩的共同生活。

飾演「個性醜女」洋子的是以演技派女星著稱的菅野美穗。至今演過許多膾炙人口的角色。

關於洋子,菅野小姐認為

洋子拒絕人們的好意。這是因為她成長背景的關係。讓她對於幸福,本能性的產生拒絕反應。就像是個愛鬧脾氣的孩子。對我來說,反而在她身上感受到人情味。但是菅野小姐也認為,如果週遭有這種女生的話,一定會覺得很煩吧!

她本性是非常善良的。可是她的好意,卻一直被別人蹧蹋。如果她學會了如何表現溫柔的話,原本應該可以成為一個很正常的大人。我想,片岡的包容力還有不求回報的愛觸動了洋子內心的善良。另外,一起生活的孩子們,也教了她許多的東西吧!希望在他們心中,洋子能成為像是媽媽一樣的存在就太好了。

跟孩子們一起演出的感想

以前曾經演過幼稚園老師,當時覺得跟小孩子演戲很困難。但是,當我有了外甥之後,漸漸了解要如何跟小孩子相處。

過去,我一直以為跟小孩相處時,要很刻意的配合。可是,當我跟外甥在一起相處時,我才知道原來可以更輕鬆的接觸。

我認為跟孩子們的信賴關係是非常重要的。跟片岡家的三個小孩建立良好的關係。不去特別強調演技,單純的面對他們是最好的詮釋方法。

菅野小姐一年半來沒有演出連續劇

因為很久沒有演電視劇,所以一開始覺得非常緊張。最近很流行這種賺人熱淚的作品,我希望可以用更詼諧的方式來詮釋。在看企劃書時,內容是失去記億、不幸的人生觀等等。我原本還以為是一齣很嚴肅的戲。但是,實際上卻是將洋子的不幸用幽默的方式呈現,我想用漫畫式的誇張表情來演出。但是漫畫式的表情也很難表現呢!

希望大家可以欣賞演技派女星菅野小姐詮釋下的洋子,到底是如何改變?

最後請妳說幾句話吧

玉置先生的笑容真的非常迷人。我覺得笑容是最難表達的演技。但是玉置先生卻可以將笑容融入於自己的個性之中。非常的自然。希望大家可以笑著來看這部戲。

原文:
Vol.2 キャスト.インタビュー① 松田洋子役 … 菅野美穂さん

「洋子って、ひねくれた子供のようで、私はかえって人間らしさを感じるんです。」(菅野)

生まれてから27年不幸の連続、愛とは無縁の人生に愛想を尽かし、「消えてなくなってしまいたい」 と川に身を投げるが、 “人生初” の幸運で助かってしまった女…。元敏腕刑事で、かつ心やさしいお人好しの男?片岡優二(玉置浩二)と出会い、彼とその三人の子供たちとの奇妙な共同生活を始めることになったわけだが…。

“性格ブス” な女.洋子を演じるのは、若くして “演技派女優” の名を馳せている菅野美穂さん。今まで数多くの役柄を演じ、また評価されてきた。 「子供がきらい」 「犬もきらい 」 「愛なんてうざい」 と言ってのける、性格の曲がりかたはかなりの年季の入りようだ。

洋子について菅野さんは…

「洋子は人の温かさを否定する人。それは彼女の生い立ちが原因で、幸せに対する拒絶反応なんですね。ひねくれた子供のようで、私はかえって人間らしさを感じるんです」しかし身近にいたら面倒くさい人だろうなあ、と笑う。

「彼女にも良さがあって、それは今までさんざん打たれてきたことによる逞しさ。あとは優しさを身につけることができたらきちんとした大人になれるはず。今まできっかけがなくて開けなかった心を、優二の包容力と無償の愛みたいなものによって初めて開こうとしていくんだと思います。また、一緒に暮らす子供たちからも自分になかったものを教えてもらうのでしょう。三人にとって母のような関係になれたらいいな」 と語る。

子供たちとの共演については…

「以前保育園の先生の役をやらせていただいた時に自分は苦手な方かなと思ったのですが、甥ができて子供との接し方が分かるようになって、ちょっと変わりました。

それまでは、子供というと大事に大事に付き合わなくてはいけないんじゃないかと、必要以上に気を遣っていたんですけど、甥と一緒に居て 『ああ、案外荒く付き合っていいんだ』 って分かって(笑)余裕をもって接しています。

子どもとも、信頼関係って大切だと思うんです。片岡家の三人の子供たちとはいい関係で、演技を抜きに、純粋に向かってきてくれる姿をみていると何かしてあげたくなっちゃいますね。」

連ドラは1年半ぶりという菅野さん。

「久しぶりなのではじめはペースをつかむのが大変で緊張してたんですよ。最近はウェットな作品が多かったので、今回は軽さを心がけて演りたいと思います。企画書の段階では、記憶喪失とか不幸な生い立ちとか…シリアスなものかと思っていたんですけど、洋子の不幸をどこかユーモラスに仕上げている作品になっていたので、私も明るくコミカルに演じていこうと思っています。でも、コミカルって難しいんですよね」

演技派の菅野さんが、どんな洋子を見せてくれるのか、そして洋子を成長させていくのか楽しみだ。

最後に…

「玉置さんの笑顔が本当に素敵です。笑う演技ってとても難しいと思うんですけど玉置さんの笑顔は、ご本人のお人柄が出ているからか、とても自然なんです。こちらまであたたかい気持ちになれる、そんな笑顔をドラマでご覧になってください」と玉置さんをアピールして締めくくった

相關:秋季日劇 愛之歌專訪 玉置浩二(片岡優二)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s