小早川伸木之戀專訪 唐澤壽明

小早川伸木之戀專訪 第一回 小早川伸木(唐澤壽明)

資料:小早川伸木之戀 Interview
翻譯:quibeck

Q:看了《小早川伸木之戀》的漫畫之後,有什麼感想?

真的覺得是一個很有趣的作品。小早川工作的醫院是具有政治色彩強烈的世界。這種類型的工作職場,我之前曾經在「白色巨塔」中感受過。但是,這間醫院的又擁有著與「白色巨塔」相異的特質。另外,裡面也探討了許多男女關係,與夫妻之間的相處問題。小早川的太太妙子,因為懷抱著心理創傷的緣故,發起脾氣來是非常驚人的。但是,這只是表面上的呈現而已。這部戲用很簡單易懂的方式告訴我們,關於男女之間的差異。男女不僅是外表不同,甚至可以說是不同的生物。所以如果不互相努力的話,我想一定無法經營好彼此的關係的。

Q:男女之間最大的不同是?

男人在某方面而言,似乎比女人還要浪漫。所以,男人總希望跟女人長相廝守。但是,女人比男人還要更講求實際。男人相信,有些事情就算不說出口,對方也一定會了解。打從內心這樣想的喔!可是,女人卻常常要打破沙鍋問到底。她們覺得事情如果不說出來的話,永遠都無法了解彼此的。漫畫中,很細膩的將這種男女之間的差異刻劃出來。如果失去了夢想與希望的話,會覺得這種差異也無傷大雅。但是,如果站在了解這種差異的前提之下。男女共同生活,真的必須要好好的經營。我想,大家在這部戲裡面,透過不同角色的衝擊。一定可以了解到其中值得玩味的人生觀與世界觀。為了表現這些東西,我們演員也必須要演好戲才可以。

Q:這次飾演伸木這個角色,你打算如何詮釋?

細微的部份就留待觀眾在戲中發現吧!當然,我心中有詮釋這角色的理想方式。這並沒有辦法用言語來表示的。因為如果無法呈現的話,真的很讓人覺得不好意思。(笑)我對這角色抱持著理想與希望就是了。

Q:對於伸木,個性上你有沒有與他類似的部分?

沒有耶!我跟他完全不同。伸木雖然表面上一直忍耐,但是關鍵時刻,他總是逃避現實。也就是我們常說的懦夫吧!(笑)於是,當無法逃離現實時,心中就會不斷累積壓力。我個人不善於累積壓力。常常有話直說。(笑)但是,這世上有許多不同類型的人。一定也會有那種想說的話,不能明說的人吧!這種人,就會像伸木一樣,將壓力加諸在自己身上。

Q:妙子與加奈兩個女人為伸木著迷,你覺得他的魅力是?

到底是什麼呢?或許是因為他很成熟吧!因為,女人不喜歡那種正義感太強烈的男人吧!動不動就想打架的男人很討厭吧!也有人開口閉口,嘴裡總是髒話講個不停。小早川溫柔善良的個性,在女人的眼裡看來,應該很有魅力吧!

Q:小早川在家中與醫院都累積了很多壓力。

一般而言,我想像小早川這種人應該很普遍吧!但是,如果是擁有想出人頭地的野心的人。像是我之前飾演的財前,為了要達成目標,偶爾也會使用一些不好的手段。可是,大部分的人都無法這麼乾脆。這就是一般人的現實。所以,最後小早川究竟想要怎麼做呢?是要為了權力,汲汲營營的努力。或者是滿足於現在的樣子呢?

Q:小早川改變的契機,應該就是在盆栽教室內認識的加奈吧!

對呀!因為夫妻不和的關係,認識了加奈。但是,又不僅僅單純是外遇而已。這部戲的主題也不是外遇。所以演出時要特別留心。

Q:表現漫畫的世界觀,最重要的是?

即便有著劇情,腳本與台詞。還是要用最自然的方式表現吧!例如,演出妙子的片瀨小姐,雖然個性很暴躁。但是只是單純的潑婦罵街,還是因為心理創傷所導致的結果。這兩種截然不同的呈現,都要看片瀨小姐如何的表現。像這種心理層面的詮釋。必須要透過演員們的努力才行。

Q:對飾演作田加奈這角色,紺野まひる的印象?

紺野小姐非常的認真。但是,紺野小姐也說這是她第一次飾演這種角色。所以我非常的期待。片瀨小姐的情況也一樣,所以有著各種不同的可能性。不過,古谷一行先生也說過,沒有演過美村教授這種角色。對飾演這角色也抱持著很大的興趣。總而言之,演員似乎對於這種情況,常常覺得很有興趣吧!因為沒有演過,所以很期待演出的樣子。我也沒演過這種角色,更希望以後再也不要接演這種角色。所以,我這次飾演的小早川雖然是外科醫生。但是跟財前完全不同。擁有著很有趣的個性。但是,飾演小早川的我與飾演財前的我都是同一個人。要怎麼區隔兩者的差異,要費很多苦功!可是,我還是覺得小早川的形象一定會有別於財前。

原文:
「小早川伸木の恋」の原作を読まれ手、いかがでしたか?

「本当にすべてが面白い作品だと思いました。小早川が勤める病院には政治的なことなど病院独特の世界があります。そういうのは、僕が出演した『白い巨塔』でもあったわけだけど、またそれと違う世界が『小早川~』にあったり。あとは男と女の、夫婦なら夫婦で暮らしている上での問題。小早川の妙子という奥さんは、トラウマを抱えているということから、ものすごいキレ方をするんですよ。だけど、そんな表面的なものよりも、やっぱり基本的に男と女は違うんだなっていうのが、すごくよくわかる作品です。男女は人として違うし、もしかしたら生き物としても違っている。だから、どこかでお互いに努力をしないと、必ずダメになってしまうと思わされるっていうかな?」

男と女は根本的に違うと?

「男の方が女よりも、どこかロマンティスト。だから、一緒のことが出来ると思っているのは、だいたい男の方だったりする。でも、女の人ってもっと現実的じゃないかな。男には“そんなこと言わなくてもわかるだろう”っていう世界観があるけど、それを本当に信じているんだよね。だけど、女は「言わなきゃわからないじゃない」って感じている。そんなことが読んでいて思い知らされる原作なんです。“なるほどな”って。夢も希望もなくなっちゃうって言えば、それまでだけど…。でも、それを分かった上じゃないと、男女が一緒に生活することは大変なことなんじゃないかな。努力もしなきゃならないだろうし。それぞれのキャラクターにも、ちゃんと面白い人生やら世界観があって、見応えあると思いますよ。そのために、ドラマでは僕たち俳優がその役をちゃんと演じなきゃならないですね。」

今回の役、伸木はどういうふうに作っていこうと?

「細かいところは見てのお楽しみじゃないかな? もちろん、僕がやってみたい方向っていうのはあるけども…。それは、口で説明出来ることではないし、もし体現できてないと、恥ずかしいから(笑)。理想や希望はもちろんあるけどね。」

では、伸木というキャラクターに共感できるところは?

「ないですね。僕とは全然違います。伸木は、我慢しているようだけど、結局肝心なことから逃げているだけのような男。よくいる逃避タイプですよ(笑)。そうして、逃げ切れないところでストレスを抱えてしまう。僕はストレスが貯まらないから。なんでも、好きなことしゃべっちゃう(笑)。でも、世の中の人たちには、それぞれに立場があるから、言いたいことが言えない人もいるだろうし…。それが、伸木のようにストレスになっちゃう人もいるでしょう。」

でも、妙子には愛きれ、作田カナにも…。小早川の魅力は?

「どうなんでしょう? おとなしそうなところかな? だって、正義感がやたら強くて、いきなり殴ってきそうな男は嫌でしょ。ちょっと間違ったこと言うと、すぐ“てめぇ”ってタイプの人いるじゃない? 一生懸命さがすべる人。小早川は、そうじゃなくて優しそうに見えるところが、女性から見たら魅力かもしれないね。」

小早川は家庭でも職場(病院)でも、ストレスをためていく…

「一般的には、伸木のような人がすごく多いと思います。だけど“人の上に立とう”っていう野心とか欲のある人は、例えば『白い巨塔』で演じた財前じゃないけど、多少汚いことをしてでも、目標に行き着くために闘わなきゃいけない。それが、良かろうが悪かろうが…。でも、そういうことが出来ない人もいる。それが、ほとんどの人なんですね。だから、最終的に小早川が何をしたいか? なんですよ。でも、上を目指すのであれば、闘わなきゃしょうがないし。闘うことを放棄するなら、その位置に甘んじるしかないしね。」

そんな小早川が、変化しようとするきっかけが、盆栽教室で出会ったカナですね?

「そうですね。ただ、夫婦仲がうまくいかなくて、カナと出会ってしまって…だと、ただの不倫ものになってしまいますから。このドラマは、不倫を見せたいわけではないので、気をつけないといけませんね。」

原作の世界觀を体現する上で、一番大切にしれいることは?

「何をやっても自然に見えることじゃないかな? ストーリーがあって、脚本があって、セリフを言うにしても…。例えば、妙子役の片瀬さんなんかも暴れたりするけど、俗に言う“暴れてる芝居”をしても仕方ない。本当に妙子が抱えているトラウマから暴れているように演じるか、それとも別の表現にするかどうかは、片瀬さんにかかっているわけなんですよ。そういうことの積み重ねだと思うけどね。個々人がちゃんと役を考えないといけないんです。」

作田カナ役の紺野まひるさんの印象は?

「紺野さんは、すごく真面目ですよ。でも、紺野さんも“初めての役”だって言ってたし、そういう意味では楽しみ。片瀬さんもそうだけど、可能性がそれぞれにあって…。だって、古谷一行さんも、美村教授を“やったことがない役”だって、すごい興味を持ってらっしゃるわけでしょ? 結局、俳優ってそういうことにしか興味がないんだよね。やっぱり“やったことないな”とか“この役面白そうだな”って、感じられるかどうかなんですよ。僕だって、前やったような役は、出来れば二度とやりたくない。やったことを繰り返しても面白くないじゃない? だから、今回の小早川は外科医だけど、財前とは全く違うキャラクターだから面白い。ただ、僕っていう人間自体が変わるわけじゃないから難しいところだけど…。それでも、小早川のイメージは財前とは違うものになると思いますよ。」

出演:

 
小早川伸木 37嵗 唐沢寿明 仁志恭介 35嵗 藤木直人
小早川妙子 28嵗 片瀬那奈 沼津壮太 28嵗 大泉洋
作田カナ 紺野まひる 直江 勝村政信
添田さより 市毛良枝 竹林隼人 35嵗 谷原章介
美村浩一 古谷一行

Keywords:

Drama dorama 小早川伸木之戀 小早川伸木之恋

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s